Quote

"事実などは存在しない、ただ解釈だけが存在する"

Source: petapeta
Photo
Quote

"

1. 四六時中メールをチェックしている

ぱっと見てさっと返信するだけなので、あまり影響はない? いえいえ。メールをチェックするたびに、タスクへの集中力が途切れ、再度集中するまでにかなり時間がかかることに気づいてください。四六時中メールをチェックするのをやめ、メール処理の時間をスケジュールしておきましょう。


2. わざわざメールを使う

ランチや会議の時間を決めるのに、20分間もメールをやりとりする必要がありますか? 電話を1本かけるほうが、よぽど時間の節約になります。


3. 何にでもテクノロジーを使おうとする

たしかに、最新のガジェットやアプリはあなたの生活を楽にしてくれます。しかし、紙と鉛筆で済むことを、わざわざ最新のテクノロジーでやろうとして、時間を浪費しているケースが多々あります。


4. 自動化できるのにしない

同じことを何度も何度も繰り返すなら、毎回イチからやるのは時間の無駄です。テンプレートをつくったり、処理を自動化して、効率化を計ってください。


5. フレンドリーになりすぎる

用がある人のために、自分のドアを開け放っておくことは素晴らしい姿勢です。オフィスで最もフレンドリーな人間でいられるでしょう。しかし、2秒おきに邪魔が入るのを許していては、形を変えた先延ばしではないでしょうか。もう少し境界線をはっきりさせても誰も怒らないはずです。


6. アイデアを捕まえるシステムがない

最近思いついた素晴らしいアイデアはどこに書き留めてありますか? 机の上に散らばっている紙きれのどこかに、が答えなら、あなたは時間を浪費しています。インスピレーションを捕まえ、記録し、必要なときに引き出せるシステムが必要です。


7. 同じ争いを何度も繰り返している

ときに、私たちは本当に、互いに意見が違うことをただ認め、立ち去る必要があります。


8. ジャンクフードを食べる

上がったものは下がります。甘いものを食べて一時的に興奮しても、いずれはつけを払うことになります。後からやってくる疲労や消化不良により、全体の生産性はむしろ低下します。


9. 会議を断らない

これは、企業文化によっては難しいかもしれません。しかし、可能であるなら、あなたがその会議に出席する意味が本当にあるのかを再検討してください。招かれたからといって、絶対に出席せねばならないとは限りません。


10. 通勤時間

これは時として避けられないものです。しかし、本当に通勤時間を節約する方法はありませんか? ラッシュアワーを避けて通勤するのは不可能なのでしょうか? 状況を改善するチャンスが少しでもあるなら、妥協してはいけません。


11.見た目を気にしすぎる

他者からの印象は、ビジネスの成功にも大きな影響を与えます。しかし、スポーツジムに行くのに、フルメイクアップする必要はないでしょう。新しいリサイクル・ルールを書き留めるのにフォントを気にする必要もありません。


12. 一時しのぎをする

1週間以内にダメになるような一時しのぎでは、時間の節約はできません。きちんと解決することに時間を使いましょう。


13. 「正しい時」を待っている

気分が乗るまでToDoタスクを先延ばししているか、「ベストタイミング」が来るのを待っているなら、本当にそれを待つ必要があるのか、それとも単に行動に移すのが怖くて言い訳言い訳をしているだけなのか、よく考えてみてください。


14. 書類が山積み

きちんとファイリングするか、廃棄しましょう。書類を山積みにしておけば、時間が経てば経つほど探すのが大変になります。


15. スマホ中毒

これが時間の浪費なのは明確です。しかし、つい食事の写真を撮ったり、FacebookやTwitterをチェックするのに時間を費やしています。スマートフォン中毒をやめれば、どれほどの時間が生まれるか、きっと驚くことでしょう。

"
Source: lifehacker.jp
Quote

"

 マララさんには、マララさんの父親と、世界的な大手広告代理店が全面バックアップしているのだけれども、それは日本では公にされない。

  nhk_kokusai
「将来の夢は政治家になることです。なぜなら、パキスタン全体を救い、発展させるためにはそれが最善の方法だと思うからです。政治家になって教育に力を尽くしたいのです」【マララさん、単独インタビューより】 http://t.co/Gb9oTU7EUb
2013/12/17 0:40

 

籾井氏は、テレビに限定した現行の受信料制度について「とっくに変えていなければいけない」と明言。放送と同時に番組をネットに配信するサービスを前提に「いい番組を作るには誰かにお金を払ってもらわなければいけない。場合によっては、国民全員に払ってもらいたい」と述べ、受信料の義務化も含め検討する考えを示した。『NHK会長人事:甘利経財相ら動く…籾井氏と旧知の仲 - 毎日新聞 2013年12月21日 07時05分』

 お金の流れが絡んでいると、大変に困る話だと思う。日本の国営放送、つまり僕も払っているNHKが、諸手を上げて賞賛。その他マス報道も概ね「教育の重要性をマララさんがうったえる」。「いい番組」を作るそうだ。

 ところで、最近では、ひとつのソースや問題に対して、多角的な視点から問題を考えることができる。それに、もし日本語の他に英語を使うことができると、さらにいろいろと情報を集めることができる。たとえば、英インデペンデントはCNNの番組からジャーナリストの杞憂をこう報じる。

Those people include Edelman, the global PR firm that manages Malala alongside its work for clients that include Microsoft and Starbucks

“The making of Malala Yousafzai: Shot by the Taliban for going to school and now in the frame for Nobel Peace Prize” - Independent

 この中で、Edelmanというのは広告代理店で、これがマララの諸々のキャンペーンを仕込んでいた。

With her father Ziauddin’s backing, Malala kept an online diary and did interviews with journalists.. - Independent

 他にも複数筋の情報がある。

One of the world’s biggest public relations firms, Edelman, has a team working on her behalf while politicians, journalists and book publishers are making her into something of a global brand. - Tribune

 ところで、こういったマスコミ的なやり方で子どもを使う、政治利用の方法というものはどのような意味を持つだろう。キャンペーンでのせた、という背景がすっぽ抜けて、美談、ないし、考えさせられる話へすり替えられる。たしかに民主主義は重要で、こうしたやり方は往々にして従来繰り返されてきた古典的なものだ。しかし、政治宣伝により現れた意思あるひとは、傀儡のリーダーでしかない。

 教育の重要性というのも、結局は「彼ら」にとって宣伝用器材程度のもので、宣伝の費用回収程度に「安くみられている」のだなあと考えてしまった。それは、あたかもひとりのヒロインのようだ。けれども、教育の大義名分のもと、ポピュリズムに訴求し、よその手を借りずに個人で動いているわけでもない。上述のように広告ウケのよい人物にリーダーシップを持たせ、カネも持たせる。彼らのいう重要性ある教育とは、そういうものなのだろうか。

 私はそういうわけで、マララの物語は自分に接続してはいけないと考えた。けれども実際、マスコミがマララに言及すれば、そりゃ僕も調べずに、ああすごいな、若いのに偉いな、と勘違いする。

  masanorinaito
ふーん、マララさんのノーベル平和賞プロモには米国の広告代理店がついてたんだ。汚い話に乗ったのは父親か。http://t.co/psZ41qvLd9
2013/10/11 22:23

 (20141010)

 マララさんがノーベル平和賞を受賞した。憲法9条を守る日本国民もノーベル平和賞候補にエントリされていた。どちらも団体戦であって、政治的だということを、頭の隅にとどめておきたい。

"

Source: carbondoubt
Photo
Quote

"

「誰も一夜にして肉体を鍛えようなどとは思わないだろう。それなのに、こと精神に関しては、すぐにも効果が現れるのが当然だと考える人が多いようだ。」

"
- Twitter / 言葉 (via tachibana7023) (via ataxia) (via muhuhu) (via fukumatsu) (via makototz) (via atorioum) (via vmconverter) (via ipodstyle) (via nacookan, zakurochan) (via yaruo) (via ngura) (via mcsgsym) (via gkojax-text) (via atm09td) (via doubledispatch) (via playwith) (via muhuhu) (via golorih) (via usaginobike) (via edieelee) (via himmelkei) (via sieben002) (via thun2) (via appbank) (via asanuma) (via kkj114) (via it-shine-reading) (via glasslipids) (via mitukiii) (via mcsgsym) (via gyouzalove) (via plasticdreams) (via f-sugar) (via tokunoriben) (via golorih) (via usaginobike) (via mc2-e) (via sukekyo) (via sho235711) (via ninamo44) (via sho235711) (via 7g3m) (via lidentity)
Source: zakurochan
Quote

"パチンコ屋はホールコンピュータ(ホルコン)といわれる機械でいくらでも利益を調節可能です。釘の調整のみで出す日と出さない日が可能かというと無理ですよね。新台登場時や恒例のイベント日に出さなかった場合お客は不満を漏らし飛んでしまいかねませんよね。お客の期待にこたえられなければ店は潰れてしまいますよね。店の経営を考慮した場合に釘やROMの確率のみに頼っていてはイベント時の出玉と通常時の適正利益を図れません。ここにコンピュータが介在してくるのです。客を満足させ、尚かつ店の安定的利益確保のためです。ここでパチやスロの周辺機器メーカーのダイコク電機、オムロン、大都等が、店の収益、出玉管理のためにホールコンピュータを使い出玉管理、遠隔可能という特許を多数出願しているためです。メーカーが特許を出願するということは商品開発・製品開発を行い販売しているというを意味します。これが揺るぎない証拠です。誰が何と言おうと多数の特許出願をメーカーが出している意味を理解していただければいいだけです。1件出願するのに最低30万以上かかるものを商品化してないはずがないでしょう。商品化しない特許を費用かけて出願するアホなメーカーがいると思いますか?特許は国が認めた財産権です。つまり遠隔や出玉調整なんて違法だと我々は思いますが特許で認められているということは国が認めているということです。つまり店は特許となっている商品を購入することに何の違法性も無いということです。このことが一般に明らかにされてない、できない(本当のからくり分かれば客がいなくなるでしょ)のです。これは雑誌や風評、思いこみとは異なる次元の話です。上記のメーカーが目を疑いたくなるような特許を多数出願してますよ。何を信じるかは各自の自由ですが、私は特許を信じます。従って店がどうでも設定可能ということです。これは法に触れてないですよ...特許にある技術ですから
特許事例です。ホルコンと顧客認証システム(客識別:オムロンが販売している/特許:特開平2003-251059、特開2005-312510)
ダイコク電機:特開2003-033551遊技客数管理システム、特開2003-23013遊技客管理 システム、特開2004-242767遊技場用会員管理システム。これらはほんの一例にすぎません。
参考に「ホールコンピュータ」とキーワードを入力するだけでGoogle、Yahooでもヒットしますよ。
http://hallcomkouryaku.blog59.fc2.com/blog-category-3.html
追記:特許は登録になり権利が発生するのは熟知してます。それはあくまで権利の話であり、要は特許を多数出願するという事は登録の可否に拘わらず製品を開発・販売しているということをいいたいだけなんです。客(店側)が欲しい製品を開発・製造・販売するのがメーカーの宿命です。1件や2件特許が出願されてるのと全く話が違います。つまり上記に挙げたメーカーは特許に裏打ちされた製品を製造しています。(私も他業界メーカーの人間なので)売れない製品の特許を出願するメーカーがいると思いますか?有り得ないと思います。やはり釘派の方たちは特許に関して無知というか隠したがる傾向が見えますね。なぜでしょう?業界の方なんですかね。客観的理由・証拠を示してくれないですね。"

-

パチンコで大負けしました。しかも遠隔の証拠ゲットしました。回答お願… - Yahoo!知恵袋 (via youcean)

プログラミングの仕事してたら、パチンコに限らず(ゲーセンのゲームにしろネットゲーにしろガチャにしろ)マイコンが介在する博打なんてする気にならんよ。

逆に現代版釘師じゃないけれど「客は生かさず殺さず」なシステムの開発を目指すほうが、絶対面白い。パチンコ好きで抜けられないって自覚がある人は、そっちの方面を目指した方が、幸せになれると思う。

(via junsakura)

(via junsakura)

Source: Yahoo! Japan
Photo Set
Photo
Quote

"「先生は、女性が社会に出て仕事をすることを、どう思われますか?」
「どうも思わないね。 そもそも男女平等と職業とは無関係だ。 つまり、男と対等になるために、仕事をするなんてナンセンスだと思う。 それでは、仕事をしている者が偉いという、馬鹿な男が考えた言い訳を認めることになる。 いいかい。 仕事をしていても、遊んでいても、人間は平等だ。 問題をすり替えてはいけない」"

- 「私的詩的ジャック」 著:森博嗣 [講談社文庫] p.72 (via poochin)

(via lidentity)

Source: poochin